Home > 中古バイクを個人で売る > 中古バイクの個人売買

中古バイクの個人売買

中古バイクをインターネットのオークションサイトなどを通じて売買しているのを見かけることがあります。

自分のバイクを売却する際には高額で買ってくれる買い手が見つかるチャンスがあり、人気があります。

個人売買といって、間に業者が入らない分、手数料などがチャージされることもありません。

買い手側は、店にはなかなか出まわらない好みのバイクを探すことができることもあります。

個人売買にはメリットもたくさんありますが、業者に任せてリラックスというわけにはいかないので、売買の書類上の手続きなどは、すべて自分で進行しなければなりません。

特に売り手側が書類の名義変更や廃車手続きなどの一般的には中古バイク買取り専門店などが行う部分を行う手間がかかります。

売る際に必要な手続き書類などは行政書士に代理で手続きを頼むこともできますが、時間がない人にはそのやり取りも難しいかもしれませんね。

参考リンクはこちら→→二輪車(自動二輪・軽二輪)の登録手続き (中古新規登録・名義変更・住所変更・廃車・再交付)

買い手側としては店舗などの保証がないので、バイクのエンジンなど、専門家でなければわからないコンディションの部分の確認が必要になってきます。

個人売買は高額取引が狙えると気軽に売却広告やオークションに情報をアップしてみたものの、実際の手続きが始まると、時間が取れずに苦労するという話しもあります。

一方で買い手がセミプロ的な人がきて、あれやこれやと値切られ、思ったような価格で売却ができなかったという経験談などもあります。

個人売買で中古バイクを売買するには、それなりの時間や知識が必要と考えておくといいでしょう。

面倒なことが苦手な人、書類の管理・進行が得意じゃない人、時間がない人、トラブルや思いがけないアクシデントに対応する余裕がない人などは、最初から中古バイク買取り店などにお任せしておくといいでしょう。

Comments are closed.

TOP