中古バイクの走行距離

バイクを購入するにあたって、新車が良いか中古車が良いかは永遠に結論の出ないもの。

それぞれメリットとデメリットがあります。

予算内でできるだけ希望にあったバイクを探すのなら、中古バイクに軍配があがりそうです。

中古バイクの魅力は、低価格で好みのバイクが見つかるという点が大きいでしょう。

中古バイクを選ぶ時には、車体の状態を見極め、コンディションの良いものを選ぶ必要があります。

一度誰かの手に渡ったバイクですから、信用のできる中古バイク専門店で良いものを選びたいですね。

中古バイク屋さんにはピカピカに磨かれたキレイな中古バイクが揃っています。

ちょっと見ただけでは、バイクが新車か中古車かの見分けがつかないほどです。

しかし中古バイクを購入する際には、こうした外側のキレイさだけで選ぶわけにもいきません。

一番最初に見るべきところは、走行距離でしょう。

バイクには、車同様に走行距離メーターがふたつあります。

一つは数値が5ケタになっているもので、総走行距離を表します。

もう一つは3ケタのトリップメーターです。

この二つのうち、見るべきなのは5ケタの数字です。

大型中古バイクの購入を考えている場合には、20000km前後を許容範囲と考えます。

中型中古バイクはエンジンにかかる負担も大きく、10000km前後を許容範囲として走行距離の確認をします。

中古バイクの購入では、走行距離の数値を見るのは大切ですが、それだけで選ぶとリスクが大きいです。

年式を考慮してあまりにも走行距離が少ない場合には、メーターの交換や巻き戻しなどの意図的な改ざんが疑われるケースもあります。

注意が必要です。

Comments are closed.

TOP